スポンサーサイト

2014.10.06 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    言葉がどもるのは病気?

    2014.10.06 Monday

    0

      大事な場面に限ってどもって失敗してしまったことが何度もあり、その経験がトラウマとなって吃音が年々ひどくなる一方だったとしても、
      どもって失敗するイメージがみるみる頭の中からなくなっていき、テレビのコメンテーターのように言葉がすらすら話せるようになる方法がこちら



      あなたも、下のような悩みのせいで、今までさんざん苦い思い出ばかり積み重ねてきたんじゃないでしょうか??


      落ち着いて話せといわれると余計にどもる

      会議では全く発言権を持てない

      人間関係で大きな損をしている

      飲食店で注文するのが嫌だ


      吃音がひどくなった来た場合に、病院に頼って治療を進めようと考える人もいますが、吃音は薬で治るような症状ではないですし、カウンセリングで治るものでもありません。
      ただ一般的な吃音治療となるとカウンセリングによる心理療法の場合だと、確かに一時的に症状が和らぐこともあり「このまま治療を続ければ吃音が治るかもしれない!」という期待を抱かせることはあるものの、治療が終わって病院を出た途端、症状が再発してしまったり、もしくはちょっと時間が経過したくらいから徐々に症状が元に戻ったしまうことがほとんどです。

      人によってはカウンセリングでも症状が治らないことを気に病んでしまい、それがさらに吃音の症状を悪化させる引き金になってしまったりと、病院で治療を受けることは必ずしも症状緩和につながることはないですし、場合によっては後戻りできない状態に陥ってしまう危険があります。

      では、吃音を治すためには何をしなければいけないのかというと、脳内のプログラムを書き換えるとか自律神経の調子を整えるとかそういった対策が必要になり、ふつうに考えて脳内のプログラムをアップデートするのはそんなに簡単なことではないのですが、島田誠さんの自宅で吃音を根本から改善トレーニングを使えば、わずかなトレーニングだけで、吃音解消に向けて着実に前進していくことができます。

      島田誠さんの自宅で吃音を根本から改善トレーニングは、1日10分ちょっとの時間を使って体を軽く動かしていくだけで、正しい呼吸法ができるように体の歪みを取り除いていったり、横隔膜の動作を活発にしていくことができたりと、正しい発音ができるようになるための環境をどんどん整えていくことができます。

      それと並行して行っていくのがあなたが抱えている脳内プログラムの修正で、「自分は吃音なんだ。どもるんだ。」という考え方を改めていくことで、実は吃音の症状を和らげていくことができます。

      あなたが吃音に悩まされ始めたばかりのころを思い出してもらいたいのですが、今と違って自分は吃音なんだっていう風に思ってはいなかったはずです。
      それがいつの間にか、みんなに「お前は滑舌が悪いな。」「すぐに舌をかむな。」みたいに言われ、「吃音」という言葉に出会ったあたりから、みるみるうちに症状が悪化してきたように思うのですが、こういった過去のトラウマが吃音悪化を招いている原因の一つでもあります。

      私たちの脳内プログラムは私たちの行動に大きく影響を与えているもので、たとえばゴキブリを見て怖いとか気持ち悪いと感じるのも、脳内プログラムで「ゴキブリ=怖い、気持ち悪い」と結びついているからこそ、実際の行動にもゴキブリを見ると発狂してしまうわけです。


      島田誠さんの自宅で吃音を根本から改善トレーニングでは、「話すとどもる。」「このフレーズが言えない」みたいに結びついているところを、「スムーズに話せる」「どもっても気にしない」みたいに書き換えていくことで、実際に言葉がすらすら出せる状態へとあなたを導いていくれますよ。

      →→ちょっとどもっても気にせず話し続けられるようになる島田誠さんの自宅で吃音を根本から改善トレーニングでできるだけ早く効果を出すコツとは?




      サイエ式
      ファンキー末吉


      1